ミシン館のメインページへGO!!
バララッドジャパンのホームページへGO!!

ミシン関連ページ
刺しゅう・その他機器など
情報関連その他ページ


カバーステッチ/ヘム折テクニック

え?!こんな方法もあったのか?!



職業用、工業用ミシンを使うと
左段押さえ3mm、
スプリングガイド付き押さえ左3mm
を使って、完ペキ!ヘム折り
家庭用ミシンの場合
館長
お奨めは
こちら→
画像がなくて
すみません(^^;;;
左段押さえ3mm
スプリングガイド付き
押さえ左3mm
家庭用ミシンの場合、
押さえの裏に、テープなどを重ねて貼って、段押さえの変わりにします。
\1,365.(税別\1,300)
\3,780.(税別\3,600)
---
---
縫い方説明画像
補 足 説 明
生地のヘム折をして、アイロンで押えておくと、やりやすい。
ひっくり返して、ヘム折した状態で、裏側の生地端から3mmのコバステッチを縫う。
この時、
ピッチを粗く、糸色を変える、上糸調子を極端に緩めて糸調子を狂わせる。
これは、後で、縫い糸を解きやすくしてくれる。
あとで、解いて、針穴が残るので、なるべく細い針(9#とか)で、細い糸を使う。
できたら、表にひっくり返す。
3mmコバステッチの縫い線が、カバーステッチの押さえの中央へ来るように縫います。
尚、押さえの中央には、刻線があるので、案内し易い。
コバステッチの糸を解いて、出来上がり。
アイロンをかけて、針穴を消します。



↑TOP


Homeへ戻る E-mail 運賃表 通信販売法に基づく表記
このページは、横山工業ミシン(株)が運営しています。ミシン館は、当社の登録商標です。

Copyright(C) 1999 ミシン館 All Rights Reserved.
当ホームページを商用の為に、無断で複写複製転載、あるいはコンピュータなどのファイルに保存することは、ご遠慮下さい。