<ミシン用目盛シール貼り方/右側参照>
商品
針板目盛シール/PAT.P
1.まず、針板の表面にあるホコリや油分をエタノールや薄い洗剤でふき取ってください。洗剤をご利用の場合は、水を含ませた布で洗剤分をよく拭きとってください。
2.シールの送り歯の部分とネジ穴の部分をピンセットなどで剥がしてください。
3.シールの台紙を半分くらいで折り、針板に近づけます。
4.ネジ穴と送り歯のカット部分、そして針穴の位置を確認しながら台紙が付いたまま半分を貼ります。
5.出来上がり!!
<よくある質問>
このシールってどれくらい、もつの?
<回答>
えー、剥がれるまで、持ちます(^^;;;
商品番号
MS-H
価格
\788(税別¥750)/5枚1シート
(*1枚当たり税別\150です。)
商品
用途
工業用ミシンの針板に貼る目盛シール

貼り方の詳細はこちら
特長
@低価格、実用的、貼付け簡単!
Aミシンメーカーや機種を問わず利用できます。
B形状の違いや省きたい所は、カッターやハサミで簡単に切り取れます。
C刻印目盛の様な凹凸は、有りません。生地の滑りもなめらかです。
D目盛位置にステッチ定規の先が来ますので使い易く正確です。
Eシールのグランド色は、目にやさしいナチュラルグレー。
F針板と角板をセットで使うと針落ちからの距離が左右連結します。(工業用1本針本縫いミシンの場合)
コメ
ント
@普通のミシンには、目盛刻印入りの針板に目盛が入っているパーツもある。でも、上下送りや特殊ミシンには、刻印入りの物が無い。そこで、このシールの登場!!。
Aシールが剥がれたらどうするかって?、そんなもん張り替えりゃ、いいじゃん。
Bシール粘着の保証は、1年です。
 保管の際は、直射日光や高温多湿を避けて下さい。
使
い方
@シールを貼る前に、相手の針板(角板)の金属表面をエチルアルコール等で清浄して下さい。
 (特に油成分、ほこりなどをしっかいり取り除いて下さい。)
Aシールを貼る相手(針板、角板等)の形状により合わない所や省きたいところを事前にカッター等で切り取って下さい。
Bミシンの針落ちからの距離を勘案しながら、適当な位置に貼って下さい。台紙を半分くらい剥がして、台紙のみを2つ折にし、位置を定めた後に貼ると、簡単で正確です。
*シール表面に微小の空気層ができることもありますが、使用に影響ありませんので、ご了承下さい。

ミシンに貼った状態
2本針に貼った時のイメージ図


Homeへ戻るE-mail運賃表このページは、横山工業ミシン(株)が運営しています。(販売価格に税金・送料は含まれません)
当ホームページを商用の為に、無断で複写複製転載、あるいはコンピュータなどのファイルに保存することは、ご遠慮下さい。
コンテンツは、Netscape3.0/Internet Explorer3.0以上 (フレーム対応)のブラウザで ご覧下さい。通信販売法に基づく表記