ミシン新聞
ほうしん(縫針)
ホームソーイング
ファクトリーソーイング
あふれた情報

ミシンの情報(縫心)ほうしん/ホームソーイング編

*表示金額に、消費税等は含まれません。
ミシン


卓上職業用ミシン
メーカー名:(株)ジューキ
商品名:コンパニオンC5500‐NEW/C5300-NEW
価 格:¥158,000.(C5500)/¥128,000.(C5300)
この職業用ミシンは、使用針を「HA×1」仕様と「DB×1」仕様を選択できる。
<寸評>
従来のクラッチ機構が無くなり、静かな停止音は、心地よい。
「HA×1」(家庭用)針が標準仕様であるが、「DB×1」仕様もある。実際には、「DB×1」仕様の方が多く出ます。
外見は、今までとそれほど変わらないが中の構造がかなり一新された。
家庭用ミシンから職業用ミシンに買い換えのユーザーも多い。
送り歯の下から針が出てくる機能は、ベルベットや起毛素材のソーイングには好評である。
今回オプションで薄物専用針板(¥930)も発売される。直線縫いをキレイに縫いたい人向け。
コンパニオンC5500‐NEW


家庭用電子ジグザグミシン
メーカー名:シンガー
商品名:モニカ5700
機 種:S5700
価 格:¥115,000.
<特長>
(1)標準HAボビンが使える水平釜採用。
(2)片手でスイスイカンタン糸通し。
(3)自動針糸通し機能。
(4)自動糸調子/ミシンが糸調子を加減してくれる。
(5)2ステップで出来るボタンホール。
(6)フリーアームで筒縫いもラクラク。
<寸評>
いや〜、モニカシリーズは、何世代も新しくなってもう10年越しで続いている。
同じシリーズで10年以上続くのは機器の調子が良く、売れ行きも好調な証拠!。
今回フォルムも新しくなり機能も新しくなった。
特にこの価格帯で、穴かがリが4ステップ→2ステップになったのは、いいですね。
最低限のジグザグや模様縫いも付いていて、学校の設備や洋裁教室、サンプリング室等から勿論個人ユーザーまで幅広くご利用いただけます。
標準HAボビン採用の水平釜で設計されているので、ボビンケースが不要です。
S5700


世界のキルターが選んだ家庭用ミシン−New
メーカー名:ベルニナ/BERNINA
機 種:アーティスタ180/Artista180
価 格:¥360,000.
<特長>
(1)垂直全回転釜採用、振り幅 9mmまで模様縫いができる。
(2)自動糸調子、下糸モニター 機構採用。
(3)206種類の模様を内臓し、後でメーカーカスタム模様から柄を交換できる。(有料)
(4)内容ソフトをバージョンアップできる、画期的なプログラム機構内蔵。
(5)別売/刺しゅう機(¥70,000.)を取り付けて、20cm×15.5cmの(世界最大)刺しゅうができる。
(6)別売/アーティスタデザイナー(¥190,000.)のソフトは、Windows上で動作し、
プロ級の刺しゅうデータを作成編集できる。
<寸評>
「世界のキルター」って、子供の「〜ター」みたいなキャラクターじゃおまへんでェ。
今、世界的なキルトブームでんねん。そのキルトをやる人を「キルター」って言いまんねん。
このメーカーはスイスが本社。世界レベルでミシンを売っている。
電化製品の様に次々に機種を替えて行くメーカーが多い中、1台のミシンを長く使って戴く為、パソコンでミシンの内容をバージョンアップできる。ちと高価だが、プロの追及するミシンと言えよう。
アーティスタ180/Artista180


卓上職業用ミシン−New
メーカー名:JUKI(株)
商品名:シュプール 98SX
機 種:TL−98SX
価 格:¥155,000.
<寸評>
既に、98、98SP、98DXと3機種が発売されている。
実は最高峰の98DXは、HA×1(家庭用)の針を使用しており、上位機種でありながら、
DB×1(工業用)の針を使うことが出来なかった。
そこで登場したのが、このSXタイプ。DXタイプが、そのままDB×1仕様になったと思えばいい。
あと工業用の針を使用しているので、針糸通し機構を省いている。
足元で、運針と糸切りフットスイッチがあり、工業用感覚で使える。
従来のクラッチ機構が無くなり、静かな停止音は、心地よい。
洋裁教室、学校、オーダー、内職、リフォーム、サンプリング室、デザイナー、個人ユーザーまで初心者からプロまでを対象に幅広く使える。
TL−98SX

卓上職業用ミシン−New
メーカー名:JUKI(株)
商品名:シュプール98/シュプール98SP/シュプール98デラックス)
価 格:¥125,000.(シュプール98/TL-98)
    ¥143,000.(シュプール98SP/TL-98SP)
    ¥160,000.(シュプール98デラックス/TL-98DX)
<特長>
(1)ボビンケースの取り出し口が、ミシン左側面とテーブルの一部の両方で開き、
簡単にボビンケースを取り出すことができるようになった。
(2)針が常時最下点で停止するように設計され、途中で押えを上げても布の針落ちは、
ずれません。
(3)糸調子の目安に目盛りが付いています。
(4)従来のクラッチ機構が無くなり、静かな停止音。
(5)98SPには、従来と同じ、糸切り機構内臓。
(6)押えの圧力表示が、一目でわかる。
<寸評>いやぁ、従来の「シュプール90」は、ロングランやったネ!。
当社でも、ユーザーの評判は、大変良く、故障も少なかった。
もうそろそろ、モデルチェンジしてもいいんじゃないのと思っていたら、やっと、しました。
とりあえず、ノーマル機種のみ。
新規採用は、従来のクラッチ機構が、無くなり、ストップ音が、静かになったのと
ボビンケースの取り出しが容易になった。
ただ、フレームの形状や全体の作りは、ほとんど変わっていないのが残念というか、物足りないなぁ。
JUKIのおいちゃんに言わせれば、「それくらいこのシュプールは、完成の域に達しとる。」やと。
ほんとは、開発費削ったんじゃないの?JUKIはん。でも、やっぱりこれは、よくできてまんねん。
シュプール98
¥125,000.
シュプール98SP
¥143,000.
シュプール98デラックス
¥160,000.

<家庭用電子ミシン−New>
メーカー名:(株)ジューキ
機 種:コンパニオンC6500
価 格:¥130,000.
<特長>
本体重量8.0kg
(1)幅407×奥行175×高さ290mmの小型。
(2)自動糸調子、自動針糸通し付。
(3)スタート、ストップは、ボタン操作。又、速度スライド調整や返し縫いレバーも手元集中操作。
オプション別売で、コントローラも用意している。
(4)ストップ位置は、針上下ボタンを押すごとに針が上がったり下がったりの親切設計。
(5)フリーアームで、筒縫いも、ラク、ラク。
(6)ボタン穴かがりは、1ステップ自動で、大小2種類のネムリ穴形状。

<寸評>
糸絡みなどで、安全ストップ機構搭載。
別売フットコントローラー(¥4,500.)もある。
ニット用ステッチ(伸縮縫い)もあり、最低限な実用縫いを網羅している。
BC6500


家庭用直線ミシン
メーカー名:JUKI(株)
機 種:HL−636/直線ミシン
価 格:¥75,000.
<特長>本体重量6.2kg
(1)軽量6.2kg、幅384×奥行166×高さ292mmの小型
(2)自動針糸通し付。
(4)スタート、ストップは、ボタン操作。又、速度スライド調整や返し縫いレバーも手元集中操作。
(5)ストップ位置は、常に針上位置で停止する、親切設計。
(6)フリーアームで、筒縫いも、ラク、ラク。
<寸評>
JUKIの場合、従来から、直線ミシンはHL−630という機種があるけど、
コントローラー式で、ボタン操作ができなかった。
これの上位機種ということになる。直線だけのシンプルなミシン。
どや?。簡単でっせ。
HL−636/直線ミシン


家庭用コンピューターミシン
メーカー名:JUKI(株)
機 種:ニュープリエラα/HZL−T800
価 格:¥228,000.

<特長>本体重量8.5kg
(1)自動糸切り、自動止め縫い機構、自動糸調子が付いて簡単、安心、安全。
(2)バックライト付き液晶画面搭載。
(3)従来の「糸通し」より、更に使い易く設計された、「スーパー自動糸通し」(新特許)が、付いている。
(4)バリエーション豊富な、261種類の文字縫い内臓。
(5)実用性を重視した、32種類の模様を内臓。
(6)ハトメやネムリなど5種類の穴かがりで、3種類のかがり幅を設定できる(計15種類のバリエーション)
<寸評>
こんどの「スーパー糸通し」は、見た目がちと、ゴツイけど、なかなかいいじゃん。
別売で、上送り押さえやキルトアタッチメントや、テフロン押さえもある。
模様縫いもできるので、標準押さえ幅が、これまた広くてデカイけど、しっかり送ってくれる感じやね。
液晶画面には、選んだ模様が出るし、誤操作をイラストで教えてくれるし、便利満載!。子供の名前を書きたい人1台どやねん。
ニュープリエラα/HZL−T800


<学校用スクールミシン> メーカー名:ブラザー工業(株) 機 種:SC−3051型/ブラザーエリート 価 格:¥68,000.(学販¥48,000.)
<特長>本体重量6.2kg
(1)軽量6.2kgの重量は、小学生でも持てまっせ。
(2)水平釜採用で、自動糸調子を実現。
(3)スタート、ストップは、ボタン操作で行い、オプション別売で、コントローラも用意している。
(4)ストップ位置は、常に針上位置で停止する、親切設計。
(5)フリーアームで、筒縫いも、ラク、ラク。
(6) 直線縫い専用の為に、送り歯を新設定。

<寸評>直線縫い用スクールミシンエリートとしては、久々のリニューアルである。
このエリートシリーズは、自動糸調子に定評がある。
他にジグザグミシンで、エリート306型(学販¥69,000.)というのも並売されている。
そろそろ、予算組んだほうが、えんちゃうのん?。ってか?。
SC−3051型/ブラザーエリート



Homeへ戻るE-mailこのページは、横山工業ミシン(株)が運営しています。
当ホームページを商用の為に、無断で複写複製転載、あるいはコンピュータなどのファイルに保存することは、ご遠慮下さい。
コンテンツは、Netscape3.0/Internet Explorer3.0以上 (フレーム対応)のブラウザで ご覧下さい。