ミシン館のメインページへGO!!
刺しゅう資材館のメインページへGO!!
バララッドジャパンのホームページへGO!!

ミシン関連ページ
刺しゅう・その他機器など
情報関連その他ページ

貴方も楽しい刺しゅうライフを・・・!



刺しゅう資材の販売ページ お問合せ


刺繍用下糸の各社テンション測定結果
(ブラザーを100とした各メーカーのテンション値)
ミシン館が独自測定しました。
ブラザー刺繍用下糸は、特殊な糸を使っています。
見た目の糸としては普通の糸ですが、
通常使う糸の比べて、倍くらいのテンションが得られるように設計されています。
理由は、以下の通りです。
刺しゅうをする場合を想定してください。
縫いピッチが大小様々な為、糸張力を一定にした時、上糸、下糸のバランスが縫い目(大小の縫いピッチ)によってばらつきます。なら、下糸が上へ出ないようにするには、
下糸が強くないと生地の上面に下糸が出てしまうからです。

だったら、最初からそのように(下糸を強く)、ミシンを設計すればよいですね。
ところが、大半の刺しゅうができるミシンは、
通常のソーイング(直線縫いやジグザグ縫い)もできるように設計されていなければなりません。
ブラザー(を含めて最近の大半の)ミシンは、下糸張力を、ユーザー様で調整することができません。
よって、通常のソーイングで、下糸を強くした状態ですと
上下の糸テンションのバランスが悪くなり、上糸も強める必用がございます。
上糸を強めると、生地が縮んで(パッカリングが起きて)しまいます。

以上を総合しますと通常の縫い調整のままで、刺しゅうの時だけ、下糸を強める必用があります。
結果、下糸のみ、テンションが強くなる糸が必用になります。
そこで、専用の下糸が設計されたと、ミシン館長は、解釈をしています。
で、以下内容で、ブラザーを100%として、一番近い糸でも、20%くらい、下糸テンションが弱くなります

よって、とりあえず、同じ太さの60#の他社糸(ソーイング糸)を使いますと、
下糸が弱い為、縫い目部分によって、下糸が上へ出てしまいます。

ブラザー純正下糸は、白しかありません。カラーも欲しい場合は、やはり、市販糸が必要です。
どうしても、という場合、8割程度のテンションの(A)の糸をご購入下さい。
よって、刺しゅう柄によっては、(ステッチラインのデータは特に)
(A)の糸を使われた時でも、上糸テンションを少し弱めないと、下糸が上へ出てしまう場合がございます。
メーカー別
ブラザー
A
B
C
D
E
F
G
下糸テンション(%)
100.0
77.3
74.1
67.3
57.3
52.3
50.5
44.5

(A)の糸を欲しい方はこちら
どんな糸なのか?→ナイショ?(おいおい)
ブラザー刺繍用下糸の8割くらいのテンション下糸
(A)の糸
規格
3000m巻き/60#
白(001#近似色)
黒(900#近似色)
赤(800#近似色)
ピンク(085#近似色)
黄色(205#近似色)
茶(339#近似色)
緑(507#近似色)
青(405#近似色)
紫(614#近似色)
価  格
各色共通/\ (税別\580
数量

↑TOP


Homeへ戻る E-mail 運賃表 通信販売法に基づく表記
このページは、横山工業ミシン(株)が運営しています。ミシン館は、当社の登録商標です。

Copyright(C) 1999 ミシン館 All Rights Reserved.
当ホームページを商用の為に、無断で複写複製転載、あるいはコンピュータなどのファイルに保存することは、ご遠慮下さい。